アソシアリゾートクラブ会則(以下「会則」という。)第3条に基づき、 岐阜県高山市越後町1134他に所在し、株式会社ジェイアール東海ホテルズ(以下「会社」という。)が 現に経営する宿泊施設及び附帯施設のうち、アソシアリゾートクラブ(以下「本クラブ」という。)の 利用施設として会社が指定する施設(以下「本施設」という。)の利用規定を次の通り定める。

第1章 総則

(目的)
第1条 この規定は、本施設の利用方法を定める。
(遵守義務)
第2条 会員及び準会員の役員、従業員その他会員及び準会員の承認した者(以下これらを総称して「利用者」という。)は、本施設の利用にあたり、この規定を遵守しなければならない。

第2章 宿泊利用

(宿泊利用券)
第3条 会社は、会員及び準会員に対し会員1口について年間60枚の宿泊利用券(以下「利用券」という。)を発行するものとし、毎年2月末までに、4月1日から翌年3月31日まで有効の利用券を会員及び準会員に送付する。

  1. 利用者は利用券を本施設のフロント(以下「フロント」という。)に提出することによって、本施設の宿泊室(以下「宿泊室」という。)を利用することができる。但し、利用券1枚につき1室1泊(スイートルーム・和室C利用の場合は利用券2枚につき1室1泊)の利用とする。

(宿泊室の利用)
第4条 利用者が宿泊室を利用するときは、第6条及び第7条に従って予約した宿泊日及び利用者担当者名等必要事項を利用券に記入し、会員及び準会員が記名押印したうえ、チェックイン時にフロントに提出しなければならない。

(利用料)
第5条 利用者は下表に掲げる料金をチェックアウト時にフロントにおいて現金又は会社が認めたクレジットカードで支払うものとする。ただし、宴会場利用時以外の本施設内付帯施設での飲食料については、朝食と夕食に限り正規料金よりサービス料相当額を割引くものとする。

  1. 支払料金総額 内訳
    宿泊料金 宿泊利用料(料金は別表第1~3の通り)
    追加料金 【2】飲食料
    【3】付帯施設利用料

(通常期間の宿泊予約)
第6条 利用者が第7条に定める特定期間を除く期間(以下「通常期間」という)に宿泊室を利用しようとするときは、利用希望日の属する3ヶ月前の1日から利用希望日の当日までに次の事項を明らかにして会社の指定する予約係(以下「予約係」という。)に宿泊の予約(以下「予約」という。)をする。

  1. 会員名及び準会員名並びに会員番号及び準会員番号
  2. 利用者名とその連絡先
  3. 宿泊日及び宿泊日数
  4. 宿泊人数及びその内訳(大人、子供)
  5. 客室タイプ
  1. 前項の予約は先着順とし、予約係は午前9:00から午後5:00の間に予約を受け付ける。

(特定期間の宿泊予約)
第7条 1年間のうちタイムシェアカレンダーの特定期間を、タイムシェアシステムの対象期間とする。会社が定めるタイムシェアカレンダーによって各会員及び各準会員は特定された日(以下「優先利用予約日」という。)を1室1泊を優先的に予約できる。

  1. 利用者が前項の優先利用予約日に宿泊室を利用しようとするときは、利用希望日の属する月の3ヶ月前の1日から利用希望日の1ヶ月前同日(同日がない場合は1ヶ月前の末日)まで(以下「優先予約期間」という。)に第6条1項各号における事項を明らかにして、予約係に宿泊の予約をする。
  2. 優先予約期間内に予約の申込がない場合、当該会員及び当該準会員は優先予約権を失う。
  3. 第2項の申込みを予約係は、午前9:00から午後5:00の間に予約を受け付ける。
  4. 本施設における特定期間の優先予約期間終了後の空室に関する予約受付は、第6条の規定を準用する。この場合において、「3ヶ月前の1日」は「優先予約期間終了日の翌日」とする。
  5. 会社は、タイムシェアカレンダーの特定期間について毎年変更できるものとし、変更する場合は利用券の送付時に本クラブの会員及び準会員に通知するものとする。

(予約を受け付けない場合)
第8条 会社は、次の各号いずれかに該当する場合は利用者の予約を受け付けないことがある。

  1. 宿泊室の最大人員を超える申込のある場合。
  2. 宿泊利用に際し特別の条件を求められる場合。
  3. 予約受付開始日以前の申込の場合。
  4. 利用資格のないものの申込の場合。
  5. 本施設の管理運営上の必要から利用制限を行う場合。
  6. 会則により会員資格及び準会員資格を停止又は除名されている会員及び準会員の利用券による申込の場合。
  7. その他会社が利用にふさわしくないと判断した場合。

(宿泊予約の取消)
第9条 確定した予約を利用者の都合により取消す場合は、それが特定期間であるときは、利用予定日の15日前までに、又、通常期間であるときは、利用予定日の7日前までにその旨を会社に連絡するものとし、それ以降の 取消しについては次表に定める取消料を会社が定めた期限までに支払うものとする。
尚、事前の連絡なしに予約当日の利用がなかった場合は、当日の取消とみなす。

横にスワイプしてご覧いただけます。

取消日(利用開始予定日から起算) 取消料内訳
特定期間 通常期間
14日前から7日前まで 宿泊料金の30% 無料
6日前から前日まで 宿泊料金の50% 宿泊料金の50%
当日 宿泊料金の100% 宿泊料金の100%
  1. 取消料は会社の請求により利用者が支払うものとする。
  2. 取消料が発生した場合は、その予約に関する宿泊室を利用したものとみなして利用券を使用したものとする。
  3. 第2項の申込みを予約係は、午前9:00から午後5:00の間に予約を受け付ける。

(チェックイン・チェックアウト)
第10条 本施設のチェックインは午後3時からとし、チェックアウトは正午までとする。

(本施設内附帯施設の利用料金)
第11条 宿泊室を利用した際に、本施設内附帯施設を利用する場合の利用料金は別表第4の通りとするが、会社の判断により変更する場合がある。

第3章 賠償義務等

(利用者の賠償義務)
第12条 利用者は、本施設の良好なる環境、衛生及び美観の保持に努めなければならない。

  1. 利用者が、その責めに帰すべき理由により、本施設を汚損し、破損し、若しくは滅失させたときは、会員及び準会員は利用者と連帯して会社に対し速やかに会社に生じた損害を賠償する。
  2. 利用者は、本施設に損害を与え、又は損害を発見したときは直ちに会社に届出なければならない。

(会社の賠償義務)
第13条 利用者がフロントに預けた物品又は現金もしくは貴重品について、会社の故意又は過失により滅失、毀損等の損害が生じた場合は、会社はその損害を賠償するものとする。但し、現金及び貴重品については、利用者がその種類及び価格の明告を行わなかったときは、会社は15万円を限度としてその損害を賠償するものとする。

  1. 利用者が本施設内に持ち込んだ物品又は現金もしくは貴重品であってフロントに預けなかったものについて、会社の故意又は過失により、滅失、毀損等の損害が生じたときは、会社はその損害を賠償するものとする。但し、利用者からあらかじめその種類及び価格の明告がなかったものについては、会社は15万円を限度としてその損害を賠償するものとする。

(手荷物又は携帯品の保管)
第14条 利用者の手荷物が宿泊に先立って本施設に到着した場合は、その到着前に会社が了解したときに限って会社が責任をもって保管し、利用者がフロントにおいてチェックインする際に引渡す。

  1. 利用者がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物又は携帯品が当ホテルに置き忘れられていた場合は、一定期間保管の後、遺失物法に基づいて処理させて頂きます。
  2. 前2項の場合における利用者の手荷物又は携帯品の保管についての会社の責任は、第1項の場合にあっては第13条第1項の規定に、第2項の場合にあっては第13条第2項の規定に準じるものとする。

(駐車の責任)
第15条 利用者が本施設の駐車場を利用する場合、車両のキーの預託の如何にかかわらず、会社は場所を貸与するものであって、車両の管理責任を負わない。但し、会社の故意又は過失によって損害を与えたときは、会社はその賠償の責めに任じるものとする。

第4章 禁止事項等

(一般的注意事項)
第16条 利用者は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

  1. 宿泊室のドアの施錠は自己の責任において行い、鍵は外出時及びチェックアウト時にフロントに戻すこと。
  2. 宿泊室の出入口のドア及び窓の開閉は静かに行うこと。
  3. 階段などの共用の場所及び居室内において静寂を保つこと。
  4. テレビ、ラジオ、楽器等の音量は他の利用者の迷惑にならないよう注意すること。
  5. 深夜における入浴、廊下の歩行、宿泊室の出入について、他の利用者の迷惑にならないよう注意すること。
  6. 宿泊における暖房器具、家具、給水栓、電気機器、什器、備品等の取扱について十分注意すること。
  7. 宿泊室、廊下、階段の清潔保持に留意し、その維持管理に協力すること。
  8. 動物(ペット)は本施設内に持ち込まないこと。
  9. 下着又は水着のまま廊下等を歩行しないこと。
  10. 会社の許可なしに、来訪者と客室内で面接しないこと。
  11. その他円滑な共同利用を阻害するような行為をしないこと。

(禁止事項)
第17条 利用者は次の各号に掲げる行為を行ったり、又はさせてはいけない。

  1. 本施設の建物、家具、備品、設備等に損害を与えること。
  2. 宿泊室内の家具、備品、設備を室外に持ち出すこと、本来の用途以外に使用すること、又は長期に占有すること。
  3. 他の利用者の迷惑になる騒音、煤煙等を発生させること。
  4. 廊下、階段などの共用部分に私物を放置し、又は長期に占有すること。
  5. 会社の許可なく、本施設内で営業行為をすること。
  6. 発火性、爆発性等を有する危険物、又は悪臭のある物品等を持ちこむこと。
  7. 窓の外側に洗濯物を出し、又は窓の手すりに衣類などをかけること。
  8. 窓から物を投げたり落としたりすること。
  9. 会社が定める方法によらないでゴミ等を投棄すること。
  10. 宿泊室内の諸設備の栓、スイッチ等を開放のまま放置し、又は外出すること。
  11. フロント、機械室、ポンプ室等立入禁止の場所に立ち入ること。
  12. 会社が定める場所以外に駐車すること。
  13. 放歌高吟等、近隣及び他の利用者に迷惑を及ぼす行為をすること。 
  14. その他公序良俗に反する行為又は利用者に迷惑をかけ、若しくは不快の念を抱かせる行為をすること。

(違反措置)
第18条 会社は、利用者がこの規定に定める事項に違反し、又は違反する恐れがあるときは当該利用者に警告し、中止させ、又は、原状回復を求めることができるものとする。

第5章 雑則

(改廃)
第19条 この規定は、会社が必要に応じて改廃できるものとし、この場合会社はその内容及び実施時期を会員及び準会員に通知する。

(宿泊約款)
第20条 この規定の定めのない事項については、会社が別に定める宿泊約款によるものとする。
改正日 平成15年4月1日
改正日 平成16年4月1日
改正日 平成26年4月1日

付則

別表第1
会員の宿泊利用料

横にスワイプしてご覧いただけます。

客室タイプ 標準人員 最大人員 1泊あたり基本宿泊利用料
スタンダードツイン 2名 3名 9,100円/室
和室A・B 2名 3名 9,100円/室
デラックスツイン 2名 3名 13,500円/室
トリプルルーム 3名 4名 13,650円/室
和洋室 4名 4名 18,200円/室
スイートルーム 2名 2名 38,800円/室
和室C 2名 5名 38,800円/室

※1室の利用人員が標準人員を超える場合、7歳以上の超過人員1名につき1泊あたり2,350円を基本宿泊利用料に加算する。

別表第2
準会員の通常期間の宿泊利用料

横にスワイプしてご覧いただけます。

客室タイプ 標準人員 最大人員 1泊あたり基本宿泊利用料
スタンダードツイン 2名 3名 9,100円/室
和室A・B 2名 3名 9,100円/室
デラックスツイン 2名 3名 13,500円/室
トリプルルーム 3名 4名 13,650円/室
和洋室 4名 4名 18,200円/室
スイートルーム 2名 2名 38,800円/室
和室C 2名 5名 38,800円/室

※1室の利用人員が標準人員を超える場合、7歳以上の超過人員1名につき1泊あたり2,350円を基本宿泊利用料に加算する。

別表第3
準会員の特定期間の宿泊利用料

横にスワイプしてご覧いただけます。

客室タイプ 標準人員 最大人員 1泊あたり基本宿泊利用料
スタンダードツイン 2名 3名 13,500円/室
和室A・B 2名 3名 13,500円/室
デラックスツイン 2名 3名 17,900円/室
トリプルルーム 3名 4名 18,050円/室
和洋室 4名 4名 22,600円/室
スイートルーム 2名 2名 43,200円/室
和室C 2名 5名 43,200円/室

※1室の利用人員が標準人員を超える場合、7歳以上の超過人員1名につき1泊あたり2,350円を基本宿泊利用料に加算する。

別表第4
付帯施設利用料

横にスワイプしてご覧いただけます。

施設名 利用料金
宴会場(会議利用) (1)1泊2食以上利用の場合
10名~50名の利用の場合
…会員及び準会員以外の一般利用料金の50%割引した額
51名以上利用の場合
…無料
(2)(1)以外の場合
会員及び準会員以外の一般利用料金と同額
大浴場 無料

※1室の利用人員が標準人員を超える場合、7歳以上の超過人員1名につき1泊あたり2,310円を基本宿泊利用料に加算する。

別表第5
特定期間

タイムシェアーカレンダーをご覧ください。

個人情報の取り扱いに関する規定

(個人情報の取り扱い)
第1条 株式会社ジェイアール東海ホテルズ(以下「会社」という。)は会社が適正に取得したアソシアリゾートクラブ(以下「本クラブ」という。)の会員及び準会員の役員、従業員その他会員及び準会員の承認した者(以下これらを総称して「利用者」という。)の第3条に定める個人情報を、利用者へのサービス提供のために、収集、利用、提供、および登録を行うものとする。

(個人情報の取り扱いについての規定)
第2条

  1. 会社は、利用者の個人情報の適正な取り扱いと会員等のプライバシー保護に十分配慮するとともに正確性、機密性の維持に努めるべく個人情報を厳重に管理するものとする。
  2. 会社は、第3条の利用目的を達成するために必要な範囲内で、第1条の個人情報の取り扱いの全部または一部を委託する場合があるが、当該委託先企業(以下「委託先企業」という。)については、契約を締結のうえ、利用者の個人情報の適正な取り扱いと利用者のプライバシー保護に十分配慮するよう指導・管理するものとする。
  3. 会社は、個人情報を取り扱わせる本クラブの従業者の監督を十分行い、かつ、正確性、機密性の維持に努めるべく個人情報を厳重に管理するよう指導するものとする。
  4. 会員及び準会員は、自己の個人情報の取り扱いに関し、本規定に定める内容に同意した上で、会社との契約(以下「本契約」という。)を締結するものとする。

(個人情報の収集、保有、利用)
第3条 会社は、利用者が会社の特典およびサービスを利用者に提供するためおよびそのマーケティング活動のため、利用者の個人情報のうち以下の情報(以下これらを総称して「個人情報」という。)を会社が保護措置を講じた上で、収集・保有・利用することに同意するものとする。

  1. 利用者が所定の予約申込書等に記入、申告した利用者の氏名、性別、住所、携帯電話番号、連絡先電話番号、ファクシミリ番号、利用宿泊日、到着時間、利用人数、利用宿泊内容等。
    (本契約締結後に会員及び準会員から通知を受ける等により、会社が知りえた変更情報を含む。)
  2. 年会費の請求および支払い状況等に関する情報。

(利用目的の表示)
第4条 会社は、下記の目的のために個人情報を利用する。

  1. 本契約にかかる会員証、利用券等の発行、本クラブの運営管理、サービスの提供。
  2. 会社は、第3条の利用目的を達成するために必要な範囲内で、第1条の個人情報の取り扱いの全部または一部を委託する場合があるが、当該委託先企業(以下「委託先企業」という。)については、契約を締結のうえ、利用者の個人情報の適正な取り扱いと利用者のプライバシー保護に十分配慮するよう指導・管理するものとする。
  3. 会社の取り扱う商品・サービス等について、会社からの宣伝印刷物の送付・Eメールの送信等の方法によりご案内すること。
  4. 利用者の満足度を高めるために実施するマーケティング活動および商品等の開発。

(個人情報の開示・訂正・削除)
第5条

  1. 利用者は、会社に対して、自己に関する個人情報を開示するよう請求することができるものとする。
  2. 前項の場合、利用者は本人であることを証明するための手続きに従うものとする。手続きに費用が伴う場合は利用者の負担とする。
  3. 開示請求により、万一登録内容が不正確または誤りであることが判明した場合には、会社は、速やかに訂正または削除に応じるものとする。

(本契約に不同意の場合)
第6条 会員及び準会員が、入会申込および入会後の利用時手続き等に際して必要な記載事項(申込書等で会員等が記載すべき必須の事項)の記載を希望しない場合および本規定の内容の全部または一部を承認できない場合、会社所定のサービスが受けられなくなる場合があることに同意するものとする。

(個人情報の提供・利用の停止の申出)
第7条 本規定による同意を得た範囲内で会社が個人情報を利用・提供している場合であっても、利用者から停止の申出があった場合、会社での利用を停止する措置をとる。ただし、会員権利に関する事項および空室情報等の情報提供、請求書送付の際の同封物についてはこの限りではない。なお、会員及び準会員は、個人情報利用停止に伴い、会社所定のサービスが受けられない場合があることに同意するものとする。