Bridal Cuisineお料理

~おふたりの大切なゲストのために~
心に残る美食のウエディングをお手伝いいたします。

おふたりの気持ちを一皿に込めて

料理人の想いは、おふたりのおもてなしの心を一皿一皿の料理を通してゲストへお届けすること。
選び抜いた食材を使用し、最高の状態で、最高のパフォーマンスで創り上げる
ウエディング料理をお楽しみください。

French

French仏蘭西懐石

「お箸で食べられるフランス料理」
和の食材や調理法を取り入れ、
幅広い年齢層の方に
リラックスしてお楽しみいただけます。

MENU

Iris

Irisイリス 和洋折衷料理/日本料理/フランス料理

料理長が叶える、おふたりの思い。
世界にたったひとつのオーダーメイドメニュー。
おふたりのご希望をお聞かせください。

Junpei Iizuka飯塚純平

統括料理長として、
ホテルに関わる洋食部門全般を監修。
全日本司厨士協会アカデミー銀メダル。
フランス料理最高の名誉の一つとされる
「レ・ディシプル・ド・オーギュスト・エスコフィエ」称号授与。
調理師学校でも講師として指導にあたっている。

INTERVIEW

  • ホテルウエディング料理のコンセプトは?

    感謝の気持ちを込めて、 ゲストひとりひとりをおもてなしするウエディング当日。お二人のご要望を最大限に取り入れ、選び抜いた食材を使い最高の状態で、最高のパフォーマンスで作り上げるウエディング料理をコンセプトにしております。お二人のお招きになる大切なお客様にお料理を楽しんでいただけるようおふたりと同じ想いでおもてなしをさせていただきます。
  • ホテルの名物料理を教えてください

    風味豊かな深い味わい、琥珀透明なコンソメスープです。開業以来34年、歴代の料理長に受け継がれてきたこのスープは、華やかなフランス料理の中でも、一切の装飾がないシンプルな料理。フランス語で「完成された。」という意味を持っています。コンソメスープこそが最高であると考える食通も少なくありません。厳選された食材だけを使い丸3日かけて厳密な作業のもとで丹念に作る。いまやホテルアソシアの名物料理のひとつです。
  • 料理において大切にしていることは?

    フランスで研修をしていた頃シェフが常に口にしていた言葉があります。juste cuit(ジュスト キュイ)。直訳すればちょうどいい料理という事になります。野菜をゆでるにしても、ステーキの焼き加減にしても、ソースの味にしてもちょうどいいベストな状態がどこかにある訳です。料理人はそこを目指してアプローチしなければなりません。そしてそこに到達したらそれが標準となる訳です。しかしそこで満足してはいけません。我々はさらに足し算引き算を繰り返し(ジュスト キュイ)プラスアルファを目指しております。
  • ゲストとのエピソードで印象的なものは?

    プランナーから今度結婚式を挙げるお客様が料理長に相談があるという事で打ち合わせをいたしました。お二人で石垣島で食べたステーキの味が忘れらないから披露宴で参列者にぜひ提供したいとの事。お二人からの情報をもとにそのお店に連絡を入れ、使いたい部位、使用量、熟成期間等を打ち合わせ、披露宴は8月と伝えたところ、ちょうど8月の石垣島は台風のシーズン。飛行機が飛ばないかもしれないとのこと。冷凍という提案もありましたがどうしても品質が低下してしまう。それからは天気図とにらめっこ。披露宴の4日前にGOサイン。無事当日の披露宴に間に合いほっと一安心。最高級の霜降り肉でした。最上級の味で皆さま大満足されたそうです。のちに石垣牛の仔牛が本土に渡り全国に存在する数多のブランド牛になっていく事を聞き納得いたしました。

Étoile和洋折衷料理

五感で味わう和・洋のおもてなし。
前菜からデザートに至るまで、祝宴の感動が続いてゆく
ゲストにも好評の和洋折衷料理。

MENU

D’or和洋折衷料理

こだわりのおふたりに贈るプリフィクスコース。
一皿ごとに織り成すこだわり抜いた味わい。
ゲストの笑顔を思い浮かべながらおふたりらしいコースを組み立ててください。

MENU

D’or洋中折衷料理

素材の味がきわだつこだわりの逸品。
佳き日にふさわしい色鮮やかな中国料理と華やかでいて繊細なフランス料理。
素材の滋味を引き出し、味わい深い至福のコース。

MENU

Premiumプレミアム 洋中折衷料理

フランス料理と中国料理の2大シェフが織り成す極上のフルコース。
良質な食材を使用し、見た目にも華やかなお料理で
贅沢なひとときをご堪能ください。

MENU

↑ PAGE TOP