雛のつるし飾り

雛のつるし飾り
制作/愛知県 大治町文化協会「雅の会」

ホテル15Fロビーにて「雛のつるし飾り」展示を行います。

初節句を迎える娘の健やかな成長と良縁を願う
江戸時代の後期から伝わる伝統装飾です。

使われなくなった着物を使い、ふくろう「不苦労(=幸福)」や、
さる「(厄が)去る」などさまざまな思いが凝縮された作品です。


Japanese traditional display of March since the late Edo period,

which celebrates daughter's first girl's festival and wishes growth and good match.
Each decoration have a special meaning, for example, the owl symbolizes "no hardships"
and the monkey symbolizes "rid of misfortune", etc.. All decorations are completely handmade. 

展示期間 2018年2月3日(土)~3月3日(土)


 

このページのトップへ