期間 2020/07/31(金)〜2020/09/07(月)
場所   15階 ロビー
夏の風物詩「錦魚(きんぎょ)の舞」、弥富金魚とともに今年は清涼感を感じさせる豊川の厄除け風車とタイアップしました。

日本有数の「弥富金魚」をはじめ、高級金魚といわれるらんちゅう、土佐金、なんきん、地金から大きなサイズの各種金魚が勢ぞろい。
厄除け風車は、愛知県豊川市小坂井町にある菟足(うたり)神社は、7世紀後半頃に建てられたといわれ、稲の豊作を願った「田まつり」と、風に対する信仰を寄せた「風(かざ)まつり」が有名です。このまつりで販売される風車には、米俵の形をした羽が6枚付いており、「六俵」は「むびょう」と読め「無病」に通じることから、無病息災・開運豊作のありがたい玩具として、古くから地元の方に愛されてきました。
優雅で涼しげな錦魚(きんぎょ)の舞と風車の雅やかな世界をどうぞお楽しみください。